ドラマ

ドラマ『教祖のムスメ』の見逃し配信を無料視聴する方法!

2022年6月から放送されていたドラマ『教祖のムスメ』。

転校してきた女子高生をきっかけに、同級生の双子の兄妹や家族が、疑惑と混乱に巻き込まれていくサスペンスドラマです。

  • 「教祖のムスメの見逃し配信を見たい!」
  • 「今すぐ無料視聴できる動画配信サイトを知りたい!」

と、ドラマの視聴方法を探しているあなたのために、この記事では『教祖のムスメ』を無料で視聴できるおすすめの動画配信サイトを紹介します。

たった3分で『教祖のムスメ』が無料視聴できるサイトが分かる♪
この記事の結論!
Paravi 教祖のムスメ

ドラマ『教祖のムスメ』はParavi、Hulu、Netflixで配信中です。

とくにおすすめの動画配信サイトは「Paravi」!

1話から最新話までフル視聴できます。

月額1,017円で利用可能!Paraviで動画視聴する!

※この記事は2022年11月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『教祖のムスメ』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイト

この記事の結論!

ドラマ『教祖のムスメ』は「Paravi」を利用すれば、すぐに全話視聴できます。

下記では『教祖のムスメ』を視聴できる動画配信サイトをまとめました。

全話配信中
無料期間なし
チケット付与
全話配信中
2週間無料
ポイント付与なし
全話配信中
無料期間なし
ポイント付与なし
最新話のみ
(期間限定)
登録不要
CMあり
最新話のみ
(期間限定)
登録不要
CMあり
配信なし
31日間無料
600pt付与
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
配信なし
31日間無料
ポイント付与なし
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし

『教祖のムスメ』を第1話から最新話まで視聴するなら、Paraviがおすすめです。

「Paravi」がおすすめな理由
  • ドラマや映画、アニメ、バラエティなど豊富なラインナップ
  • TBS・テレ東系ドラマの人気ドラマのスピンオフが限定配信
  • 最大5台までデバイス登録可能
  • 有料コンテンツが視聴できるParaviクーポン付与(550円まで)
Paraviでは毎月200作品以上の新作も見放題♪
月額1,017円で利用可能!Paraviで動画視聴する!

Paraviでドラマ『教祖のムスメ』を視聴する方法

Paravi TOP画面
月額料金1,017円(税込)
無料お試し期間なし
特典550円分クーポン
(月額支払時)
見放題作品数非公開
ダウンロード可能

Paraviは定額制見放題作品を中心に配信する動画配信サイトです。

人気国内ドラマや映画、アニメやバラエティ、スポーツや音楽ライブ配信など、充実したラインナップを取りそろえています。

『教祖のムスメ』はParaviで1話から最新話まで全話視聴できます!

月額1,017円(税込)かかりますが、毎月550円分の特別チケットが配布されます。

チケットを利用すれば新作映画や気になるレンタル作品を無料で視聴できるので、普段から映画やドラマが好きな方にはお得なサービスでしょう。

さらに、Paraviでは『教祖のムスメ』の主演「茅島みずき」さんが出演している

  • メンズ校

も見放題で視聴可能です。

作品はデバイスへダウンロードも可能!
いつでもどこでも、好きなドラマを楽しめる♪
月額1,017円で利用可能!Paraviで動画視聴する!

ドラマ『教祖のムスメ』を動画共有サイトで視聴するのは危険

ドラマを見るときは違法動画共有サイトでの視聴はやめましょう

なぜなら普段見ているドラマや番組には制作に関わった出演者や原作者、脚本家、作詞家、作曲家、そして放送局や制作会社など多くの人たちの権利が含まれているからです。

無断で公開された動画共有サイトでドラマなど視聴しようとすると、画質が荒くて見づらかったり、ウイルスに感染したりする恐れもあります。

自分の身を守るためにも、大好きな作品の権利を守るためにも、犯罪の一助となるような行為は控えて、正規の動画配信サイトで楽しみましょう!

ドラマ『教祖のムスメ』のあらすじ

作品のあらすじ

突如転校してきたミステリアスで美しい女子高生をきっかけに、同級生の双子の兄妹や生徒たち、そしてその家族までもが、疑惑と混乱の渦へと知らず知らずのうちに巻き込まれていく、学園サイコサスペンス。

ドラマスタジオstoryboardが企画・制作する完全オリジナルドラマです。

舞台はとある高校。
ミステリアスで美しい主人公・桐谷沙羅(茅島みずき)が突如転校してきたことで物語が始まります。沙羅の登場で、学校の“闇”が暴かれ始め、いじめがなくなり、ある女子高生は絶望から救われるが…。沙羅の本当の狙いは、何なのか-。

サブビジュアルでは、闇を抱えた学園の薄暗い廊下を、ある目的を見据え強い眼差しで闊歩する沙羅の姿が、彼女の登場によって巻き起こる学園サイコサスペンスを予兆し、怪しさを際立たせています。

また、通り過ぎた沙羅を背後から見つめるのは、同じクラスの臆病な男子高生・湯田一真(藤原大祐)。その表情は、沙羅への純粋な信頼か、憧れか、はたまた恋心か…。本作では、一真目線で物語を追う構成となっており、彼女に翻弄される一真の動向には目が離せません。

「洗脳」「正義」「疑惑」「救い」…、11年前のある事件を背景に、次々と繰り広げられるゾクゾクと予想だにしない展開に、“真実”とは何か、そして“教祖のムスメ”とは果たして何者か…。
強烈なリアリティーと緊迫感でおくる予測不能なサイコサスペンスをこの夏、ご堪能下さい。

第一話

突如転校してきた、ミステリアスで美しい転校生・桐谷沙羅(茅島みずき)。彼女には、ある秘密がある。

湯田一真(藤原大祐)は、双子の妹・湯田いちか(豊嶋花)が、同じクラスの黒沢美優(小栗有以)からいじめられていることに気づいていたが、何もできずにいた。
脅迫され、逃げ場がない人生に絶望を感じていた、いちかは学校の屋上から自殺しようとするが…、間一髪のところで沙羅が現れる。

沙羅は、いちかをいじめから救おうと一真に提案するが、美優や中野亜紀(莉子)らクラスの一軍に逆らうことを恐れた一真はなかなか決心がつかず…。

その頃、一真といちかの父親・湯田正広(萩原聖人)は、編集長を務める週刊新春の編集会議に出ていた。死刑判決が下るカルト集団の教祖について、記者から記事化したいという声が上がるが…。

そして、沙羅は…いちかのために、予想だにしない行動を取り-?!
「どんな嘘でも、誰かが信じたらそれはひとつの真実になる」この言葉の真相は如何に―。

おすすめ
第二話

生物教師・下山夏樹(近藤公園)と密かに関係を持っていた、湯田いちか(豊嶋花)。しかし、黒沢美優(小栗有以)にデート現場を目撃され、それを理由に脅迫されていたことは、下山には言えずにいた…。

中野亜紀(莉子)は、何故、自分に相談することなく親友の美優が突如転校することになったのか、そして『桐谷沙羅(茅島みずき)には気をつけて』というメッセージの意味が気になっていた。

その頃、湯田一真(藤原大祐)は親友の本間拓実(池田優斗)から、『JK観察日誌』という女子高生の下着姿などが投稿された怪しいアカウントの存在を知る。そこには、いちかと見られる写真もアップされていて―?!

一方、沙羅は下山に急接近。
「ずっと尊敬していた。下山先生のこと」今夜もある事件が起こる…。

おすすめ
第三話

黒沢美優(小栗有以)が残した不可解な言葉から、桐谷沙羅(茅島みずき)を怪しむ中野亜紀(莉子)。

嘘を暴くため、誰もいない教室で、沙羅の荷物をあさっていると、湯田いちか(豊嶋花)がやってくる。沙羅に心酔するいちかは亜紀の行動を訝しみ口論となってしまう。校門には、亜紀の兄で刑事の中野隼人(栁俊太郎)が迎えにきていた。

そして、車内で流れたニュースで、亜紀はある「真実」に迫ることに―。
その頃、沙羅と初めて2人きりで放課後を過ごしていた湯田一真(藤原大祐)は、沙羅の事をもっと知りたいという思いから、ある約束をする。

そして沙羅に想いを伝える決心をした一真は、翌日屋上で待ち合わせをするが、そこには信じがたい光景が待ち受けていて…!?

「湯田君は、私にとって特別な人だから」思いもよらない、衝撃の結末が―。

おすすめ
第四話

中野亜紀(莉子)の死は、自殺だと噂されていた。当日屋上で湯田いちか(豊嶋花)の姿を見た湯田一真(藤原大祐)は、なぜあの日屋上にいたのか問いただすが、「知らない」と一点張りで、疑惑は増すばかり。

刑事の中野隼人(栁俊太郎)は、妹・亜紀の突然の死を疑問に思い、事件と両面で捜査を始めていた。

そして、生徒たちにも事情聴取を行うことになり、一真やいちか、桐谷沙羅(茅島みずき)にも話を聞くことになるが…。

一方、沙羅を呼び出し、ある疑問を問いかけるいちか。一真といちかの2人は少しずつ「真実」へ迫ろうとしていた。
「私は沙羅を信じている。」本当の真実とは―。

おすすめ
第五話

事故に遭い意識が戻らない、湯田いちか(豊嶋花)。湯田一真(藤原大祐)と父・正広(萩原聖人)は、ただ回復を祈るしかなかった。
いちかの証言が事実であれば、桐谷沙羅(茅島みずき)こそが中野亜紀(莉子)を殺した犯人であり、すべての“狙い”は、教団の記事を書いた正広への復讐なのか…。

いちかが言いかけた言葉は何だったのか―。一真が考え事をしていると、病室には、沙羅が現れる。
一方で、11年前の事件について問いただしても、頑なに語ろうとしない正広。
しかし一真は正広の部屋で重要な資料を見つける。

そこには、事件の目撃者である元信者・松尾昌平(山中崇)について書かれていて…。意を決し、松尾を訪ねる一真。

そして、そこに待ち受けていたのは―?!
「誰かが信じたら、それはひとつの真実になる。
そして真相は、ゆっくりと闇の中に消える。」信じられるのは、誰だ―…。

おすすめ
第六話

「父親の死刑を止めてほしい―。」
桐谷沙羅(茅島みずき)から協力を求められた、湯田一真(藤原大祐)。

教祖・成宮光が殺人犯ではないと証明するためには、父・正広(萩原聖人)の記事が嘘だったと公表することだが…。

一方、警察は沙羅が中野亜紀(莉子)の殺害に関わっているとみて捜査をしていた。
一真は、11年前の記事について正広に問いただす。
そして、元信者・松尾昌平(山中崇)の証言や母親の死に関して、ついに真実が語られて…。

学校内でも犯人は「K」だといった噂が立ち始めていた。
判決日は近づいており、沙羅は窮地に追い込まれる。そして、すべてを知った一真は、前代未聞の行動を取り―?!

「人は光の当たるものしか見ない。闇の中に消えたものには目を向けようともしない」真実の先にあるものとは―。

おすすめ
第七話

桐谷沙羅(茅島みずき)と湯田一真(藤原大祐)の告発によって、教祖・成宮光被告への最高裁判決に日本中から注目が集まっていた。
沙羅と共に行方をくらましていた一真は、2人でひっそりと、その時を待っていた。そして、判決が出て―。

翌朝目を覚ますと、隣にいたはずの沙羅がない。
一真は、中野隼人(栁俊太郎)や山下(持田将史)ら警察に保護され、家に帰されてしまう。

記事の捏造が公になり、「新春のデマ記事」などと世間を騒がせてしまった、湯田正広(萩原聖人)は週刊新春の編集長を辞すことになり…。

ずっと意識がなかった、湯田いちか(豊嶋花)にも変化が―。
ついに、全ての真実が明らかに!そして辿り着く湯田家の恐ろしい結末とは…。
「教祖のムスメ」によって今明かされる、裏切りと洗脳、衝撃のラストへ。

おすすめ

ドラマ『教祖のムスメ』の見どころ

『教祖のムスメ』を見ようか迷ってる方はチェック!

茅島みずきさん演じるミステリアスな転校生・桐谷沙羅の存在がずっと不思議で気になる存在です。正体が分かりそうで分からなかったり、真実が明らかになりそうでならなかったりと、ハラハラドキドキしながら楽しめます。

藤原大祐さん演じる一真と、豊嶋花さん演じる双子の妹・いちかに、沙羅がどうして近付いたのかという謎に迫っていくところが見どころです。序盤は、沙羅が学園の闇を手荒ながらも正していくダークヒロインのようなスカッとするストーリー展開となっています。

しかし、毎回ダークヒロインのような展開が続いていくのかと思いきや、どんどん違った展開になり、一真と沙羅のラブストーリーになるのかと思いきや、また違った展開に。

数々の事件の真相が一体なんだったのか、誰の仕業だったのか、誰を信じて誰を疑うべきなのかを考えながら楽しめます。

ドラマ『教祖のムスメ』の見逃し動画を視聴できる動画配信サイトまとめ

ドラマ『教祖のムスメ』を視聴できる動画配信サイトを紹介しました。

「1話から最新話まで追いかけたい」、「普段からドラマや映画を見るのが好き」という方はParaviがおすすめです。

Paraviを利用することで、『教祖のムスメ』を最新話までフル視聴できます。

早速、動画配信サイトに登録してドラマを最新話まで視聴しましょう!
月額1,017円で利用可能!Paraviで動画視聴する!

作品データ

カテゴリーから探す