ドラマ

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の見逃し配信を無料視聴する方法!

2022年10月から12月まで放送されていたドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。

熱狂的アイドルオタクの女性が地方の地下アイドルを全力応援するコメディです。

  • 「推しが武道館いってくれたら死ぬの見逃し配信を見たい!」
  • 「今すぐ無料視聴できる動画配信サイトを知りたい!」

と、ドラマの視聴方法を探しているあなたのために、この記事では『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を無料で視聴できるおすすめの動画配信サイトを紹介します。

たった3分で『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が無料視聴できるサイトが分かる♪
この記事の結論!
hulu 推しが武道館いってくれたら死ぬ

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』はHulu(フールー)で無料配信中です。

1話から最終話までフル視聴できます。

今日から2月13日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

※この記事は2023年1月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイト

この記事の結論!

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は「Hulu」を利用すれば、すぐに全話視聴できます。

下記では『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を視聴できる動画配信サイトをまとめました。

全話配信中
2週間無料
ポイント付与なし
配信なし
登録不要
CMあり
配信なし
登録不要
CMあり
配信なし
31日間無料
600pt付与
配信なし
2週間無料
100pt付与
配信なし
無料期間なし
チケット付与
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
配信なし
31日間無料
ポイント付与なし
配信なし
15日間無料
ポイント付与なし
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を第1話から最終話まで視聴するなら、Huluがおすすめです。

「Hulu」がおすすめな理由
  • ドラマ、バラエティ、アニメ、映画など10万本以上の作品を視聴できる
  • Huluでしか見られない独占配信作品も豊富
  • 2週間無料で体験できる
  • 最大6人とアカウント共有可能
Huluストアでは新作もレンタル・購入が可能♪
今日から2月13日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

Huluでドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を視聴する方法

hulu TOP画面
月額料金1,026円(税込)
※iTunes Store決済は1,050円(税込)
無料お試し期間2週間
見放題作品数10万本以上
ダウンロード可能

Huluは、国内ドラマや海外ドラマなど10万本以上の作品を視聴できる動画配信サイトです。

ドラマはもちろんのこと映画やアニメ、バラエティ、音楽ライブ、スポーツ中継、ニュース、Huluでしか見られない独占配信作品など豊富にそろっています。

初回登録なら2週間無料で利用できます。有料会員になると通常は月額1,026円(税込)、iTunes Store決済の場合は月額1,050円(税込)が発生します。

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』はHuluで1話から最終話まで全話視聴できます!

さらに、Huluでは『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の主演「松村沙友理」さんが出演している

  • 天使のナイフ
  • 東京ワイン会ピープル
  • 映画 賭ケグルイ

も見放題で視聴可能です。

日米英ニュース、ドキュメンタリー、キッズ向けチャンネルなどライブTVも配信中!
今日から2月13日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を動画共有サイトで視聴するのは危険

ドラマを見るときは違法動画共有サイトでの視聴はやめましょう

なぜなら普段見ているドラマや番組には制作に関わった出演者や原作者、脚本家、作詞家、作曲家、そして放送局や制作会社など多くの人たちの権利が含まれているからです。

無断で公開された動画共有サイトでドラマなど視聴しようとすると、画質が荒くて見づらかったり、ウイルスに感染したりする恐れもあります。

自分の身を守るためにも、大好きな作品の権利を守るためにも、犯罪の一助となるような行為は控えて、正規の動画配信サイトで楽しみましょう!

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』のあらすじ

作品のあらすじ

フリーターのえりぴよ(松村沙友理)は、地元・岡山のマイナー地下アイドル・ChamJam(チャムジャム)のメンバー・市井舞菜(伊礼姫奈)に人生の全てを捧げている熱狂的なアイドルオタク。 収入の全てを推しである舞菜に貢ぎ、自らの服装は高校時代の赤ジャージのみという徹底ぶり。24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿は、いつしか“伝説”と呼ばれるようになり、オタク仲間からも一目置かれる存在となっていた。 一方で、内気でシャイな性格の舞菜は、単推し(=一人のメンバーを一途に応援すること)してくれるえりぴよを認知していながらも、緊張のあまり “塩対応”してしまう日々…。お互いを大切に想っているのにすれ違い続ける、もどかしく歯がゆい二人の関係はこれからどうなるのか…!? 『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら…死んでもいい!』 そう断言する伝説の女性ドルオタ・えりぴよのまっすぐでひたむきな活動は、やがてChamJamもオタクたちも巻き込んでいく…!?

第一話

フリーターのえりぴよ(松村沙友理)は、地元・岡山のマイナー地下アイドル・ChamJamのメンバー・市井舞菜(伊礼姫奈)に人生の全てを捧げている熱狂的なアイドルオタク。収入の全てを推しである舞菜に貢ぎ、自らの服装は高校時代の赤ジャージのみという徹底ぶりで、古参オタのくまさ(ジャンボたかお)をはじめ、オタク仲間からも一目置かれる存在だ。 一方の舞菜は、人一倍内気でシャイな性格で、メンバー7人の中で人気は最下位。イベントや握手会に来てくれるえりぴよに対して、緊張のあまり目を合わせることすらできず、“塩対応”してしまう日々…。 そんな2人が初めて出逢ったのは、とある七夕イベントにChamJamが出演したときのこと。何気なくイベントを観ていたえりぴよは、懸命に歌い踊る舞菜の姿に、人生で初めて胸を撃ち抜かれたのだった。 以来、舞菜だけを追い続けているえりぴよはある日、くまさと新規オタの基(豊田裕大)とともに、ChamJamのイベントが開催される地下劇場へ。いつものように最前列に陣取ったえりぴよはこの日、ステージ上の舞菜と初めて目が合い…!? 全力片思いなえりぴよと、内気で自分の気持ちがなかなか伝えられない舞菜。もどかしくて歯がゆい二人の関係の行方は…?

おすすめ
第二話

地元岡山で開催されるファッションイベント『岡山ガールズフェスタ』に、ChamJamがモデルとしてゲスト出演することが決定した!色めき立つえりぴよ(松村沙友理)だが、“出演メンバー未定”という告知に、人気メンバーではない舞菜(伊礼姫奈)は出演しないのではないかとヤキモキする… が、結局、赤ジャージ姿で『岡山ガールズフェスタ』へ乗り込んだえりぴよと、れお推しのくまさ(ジャンボたかお)。オシャレ女子に埋め尽くされた会場で肩身の狭い思いをしつつも、推しの登場をじっと待つ二人。 すると、ChamJam不動のセンター・れお(中村里帆)がランウェイに颯爽と登場!しかし、ChamJamのことを知らない会場のお客さんたちの反応は冷ややかで…!?

おすすめ
第三話

イベント会場を間違えるという痛恨のミスを犯し、ChamJamのステージ時間ギリギリに到着したえりぴよ(松村沙友理)は、最後列でライブに参戦する。そこにいたのは、基(豊田裕大)の妹で空音(MOMO)似の女子高生・玲奈(片田陽依)だった。 基とガールズフェスタへ訪れていた玲奈は、ランウェイで舞菜を見て以来ファンになったという。舞菜のファンが増えたことを喜ぶえりぴよだが、握手券1枚だけの玲奈に対してこれまで見たことのない笑顔を見せる舞菜の姿に、複雑な想いを抱く。 自分以外のファンと交流する姿に嫉妬し落ち込むえりぴよに、くまさ(ジャンボたかお)は、れお(中村里帆)がChamJamの前に所属していたアイドルグループの写真を見せる。ChamJamでは人気ナンバー1のれおだが、その写真に映っていたのはメンバーの端っこで所在なさげに佇む姿だった。

おすすめ
第四話

ChamJamで人気投票の開催が発表される。グループでは初となる人気投票に、俄然いろめき立つえりぴよ(松村沙友理)らオタクたち!しかし、握手会に並ぶファンの数では、舞菜(伊礼姫奈)の最下位は確実視の様相…。舞菜を1位にするためCDをたくさん購入したいえりぴよは、バイトを増やすことを決意する。 ChamJamのメンバー間では、さまざまな想いが去来する。マイペースな優佳(GUMI)は投票に興味を示さないが、文(和田美羽)は人気投票をチャンスと捉え、一気に前列を狙う強気な姿勢を見せる。そんな中、「私はどうせ…」と弱気になる舞菜に、れお(中村里帆)は、「ファンの人のこと、信じてみて」と声をかける。 そして人気投票期間中、れおの『生誕祭』が開催されることに。生誕委員を務めるくまさ(ジャンボたかお)は、今回の人気投票に特別な想いを抱いているようで…。

おすすめ
第五話

ChamJamの人気投票で舞菜(伊礼姫奈)を1位にするため、昼夜バイトに勤しんでいたえりぴよ(松村沙友理)は、宅配バイト中に事故に巻き込まれ、足を骨折してしまう。それでも松葉杖姿でライブへ駆けつけるえりぴよだが、バイトができなくなってしまったため、投票券つきのCDを1枚しか買うことができない。人気投票の中間順位で、最下位から3位になっていた舞菜を後押ししたいえりぴよにとって、骨折による資金不足は死活問題に。 ChamJamライブの休演日、くまさ(ジャンボたかお)からメイドカフェへ誘われたえりぴよ。興味なさげに誘いに乗るものの、メイドさんのかわいさに思わず目を輝かせる2人の前に現れたのは、メイド姿の文(和田美羽)だった!? 文の働くメイドカフェにえりぴよがいたことは、ChamJamファンの間でも広まり、えりぴよが舞菜から文へと“推し変”したのではと噂になってしまう。しかも、その噂が舞菜の耳にも入ってしまい…!?

おすすめ
第六話

“空音(MOMO)が男と一緒にいた”という目撃情報はChamJamオタの間で一気に広まった。ChamJamでは折しも人気投票期間中。突然のウワサに不安がる空音を、「何かあったら、私が守るから」とれお(中村里帆)は優しく励ます。 一方、空音推しの基(豊田裕大)は、推しに本気で恋愛感情を抱いている“ガチ恋勢”。空音の彼氏疑惑にショックを受け、ファンをやめると言い出す基に、えりぴよ(松村沙友理)は“アイドルを頑張っている舞菜(伊礼姫奈)の魅力をみんなに知ってほしい”という推しへの思いを語る。くまさ(ジャンボたかお)も同調するのだが基は落ち込むばかりで…。 そんな中で開催されたChamJamライブ。ハートのレスをファンに送り、ファンサービスを頑張る空音の姿を目の当たりにした舞菜は、えりぴよに感謝の気持ちを伝えるべく、ステージ上から初めてえりぴよにレスを送るが…!? そしていよいよ迎えた人気投票の結果発表日。ChamJamメンバーとオタクたちがそれぞれ全力を注いできた集大成の日、ライブ会場にえりぴよの姿はなく…!?

おすすめ
第七話

舞菜(伊礼姫奈)の誕生日が近づく中、劇場が改修工事に入ることになり、ChamJamの公演が1ヶ月のあいだ休止することに。えりぴよ(松村沙友理)は舞菜の生誕祭ができなくなったことにガックリ。そんな一方で、舞菜もまた1ヶ月のあいだ、えりぴよに会えないことに寂しさを感じているのだった。 休止期間中、オタ活ができないえりぴよはバイトに身が入らず、自宅でも退屈な毎日を過ごしていた。そんなえりぴよを気遣ったくまさ(ジャンボたかお)は、「本人不在でもお祝いするのが真のオタクですよ」と舞菜の生誕祭を提案し、文(和田美羽)が働くメイドカフェへ誘う。 そして舞菜の誕生日当日、メイドカフェへと向かったえりぴよを出迎えたのは、なんとメイド服姿の舞菜で…!?

おすすめ
第八話

ChamJamにとって念願だった『岡山アイドルフェス』への出演が決定! ご当地アイドルが一同に会するイベントで、フェスの目玉には広島の人気アイドルでメジャーデビューもしている『めいぷる♡どーる』の名前も。色めき立つメンバーだが、れお(中村里帆)は浮かない表情を見せていて…。 そんな中、ChamJamのステージしか見たことのないえりぴよ(松村沙友理)は、めいぷる♡どーるを偵察するべく、くまさ(ジャンボたかお)と基(豊田裕大)と広島で開催されるイベントに訪れる。会場を埋め尽くす観客の多さと人気に圧倒されていると、ChamJamメンバーの優佳(GUMI)と文(和田美羽)、そして舞菜(伊礼姫奈)と遭遇!えりぴよたちは優佳に、“ファンを掛け持ちしている疑惑”を掛けられてしまう。 一方で、めいぷる♡どーるのステージパフォーマンスとその人気ぶりに危機感を抱いた文は、これまで以上にダンスの練習に力をいれようとメンバーに持ちかけるが、それぞれの足並みがそろわず、メンバー間にひずみが入ってしまい…。

おすすめ
第九話

「岡山アイドルフェス」への出演が近づく中、れお(中村里帆)の元に『めいぷる♡どーる』のメイ(喜多乃愛)から連絡が届いた。実は、れおがかつて所属していたアイドルグループでセンターだったメイ。グループ解散後に、メイは広島のご当地アイドル『めいぷる♡どーる』としてメジャーデビューを果たしたが、ChamJamはいまだ岡山の地下アイドルのまま…。その人気と実力の差に、れおは複雑な思いに駆られていた。 そんな中、ChamJamがフェスの告知でテレビ初出演をすることに。バイト先の同僚・美結(あかせあかり)に、オタクであることを隠し続けてきたえりぴよ(松村沙友理)は、これを機に舞菜(伊礼姫奈)を布教(→自分の推しを周囲に広めて好きになってもらうこと)する決意をする。 フェス前日のChamJam公演日、それぞれの推しを勇気づけようと奔走するオタクたち。そんな中、舞菜がひとり思い詰めた表情をしていることに、玲奈(片田陽依)だけが気づいていて…。

おすすめ
第十話

「岡山アイドルフェス」の前日公演で、舞菜(伊礼姫奈)の様子がおかしいことに気づいた玲奈(片田陽依)は、えりぴよ(松村沙友理)に「舞菜ちゃんのこと、勇気づけてあげてください」と伝える。舞菜のために、自分に何ができるのか…。そして迎えたフェス当日。開場時間になっても、えりぴよの姿は会場になく…。 一方で、楽屋入りしたChamJamメンバー。初めてのフェス会場に浮足立つメンバーたちの中で、ひとりこわばった表情の舞菜(伊礼姫奈)。「お手洗いにいく」と楽屋を出て行ったきり戻ってこない舞菜を心配したれお(中村里帆)と空音(MOMO)は、舞菜を探しに向うのだが…。 ChamJamの出番が近づく中、えりぴよがようやく会場に駆け込んできた。その視線の先にいたのは、一人でポツンと立っている舞菜の姿で…!? アイドルとして自信をなくしていた舞菜に対して、推しを応援するファンとして、えりぴよが伝えたまっすぐな想いとは…!? ファンとアイドルの切なくも尊い関係が生む、ドルオタ青春コメディついに最終話!えりぴよたちが見守るなか、ChamJamは万感のステージへと臨む!

おすすめ

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の見どころ

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を見ようか迷ってる方はチェック!

一目置かれる熱狂的アイドルファン・えりぴよ

フリーターのえりぴよは、岡山県の地元で活動するマイナーの地下アイドル・チャムジャムのメンバーの市井に人生のすべてをささげる熱狂的オタクなのです。稼いだ金はすべてて市井にみついでおり、自分は倹約のため服は高校時代の赤ジャージという徹底ぶりでした。

24時間市井のことを思い続けて、自分の人生には市井の1分1秒が必要だと豪語するぐらいのファン活動なのです。

市井はえりぴよに好意を持って親しくなりたいと思ってるのですが、アイドルであるが故自分の気持ちを抑制しなくてはと考えてることもあって、えりぴよにどう接していいかわからず悩みます。

続きが気になるアイドル応援ストーリー

えりぴよと市井はお互い思いあってるのにすれ違っていて、もどかしく歯がゆい関係です。市井が武道館ステージに立てれば死んでもいい、と断言する伝説オタク・えりぴよのまっすぐな姿は、アイドルもオタクたちも巻き込むのでした。

そして、地下アイドルから武道館へといった大きい夢ですが、えりぴよ、オタクたちの応援とメンバーの努力で実ってもらいたいです。

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイトまとめ

ドラマ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介しました。

「1話から最終話まで追いかけたい」、「普段からドラマや映画を見るのが好き」という方はHuluがおすすめです。

Huluを利用することで、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を最終話まで無料でフル視聴できます。

早速、動画配信サイトに登録してドラマを最終話まで視聴しましょう!
今日から2月13日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

作品データ

カテゴリーから探す